日本中のシクシクとワクワクに!

特定非営利団体AROとは?

今の日本で殺処分はとてもネガティブな物として扱われています。殺処分 = かわいそう・悲しい・嫌な気持ちになる。

確かに殺処分は悲しいことです。嫌な気持ちにもなります。ですから目を背けたくなるのも分かります。

 

誰かが何とかしてくれるだろう。
自分には関係ないことだろう。

 

ネガティブなものに触れたくないものですが、それではこの問題は解決しません。もっと大きな力が必要だと思います。

しかしながらマイナス思考から大きな力は生まれません。

もっと大きくて、温かくて、前向きな発想と行動… 現実を変えていく大きな力は、プラス思考から生まれるものだと思っています。

 

それは、子供が学校からの帰り道に捨て猫を拾って、家のガレージでこっそりかくまって、親に隠れてご飯をあげるようなワクワク感。

話を聞いた友達がそこに集まって、「この子を幸せにしたい!」と思う優しい気持ち。

親にバレて家で飼えなかったとしても、どんな手を使っても貰い手を探すためにもの凄い行動力が生まれる瞬間

arotoha-2

そんなワクワクから生まれる大きな力が全国に広がったら、今この国が抱えている問題も解決できると考えています。

 

ですから、NPO法人AROでは殺処分をネガティブ(殺処分数がこんなに多いんです)というアプローチではなく、もっとポジティブで明るい思考(殺処分がこんなに減った!幸せになった猫がこんなにいます!)で、動物保護活動に取り組んでいこうと考えています。

arotoha-3

世の中には様々な考え方やとらえ方があるので、もしかしたら批判などもあるかもしれません。

あるかもしれませんが、私たちは本気で殺処分0を目指しています。今までのやり方とは違い、ポジティブな力とイメージの動物保護活動を通して世の中を変えていけると本気で思っています。

 

ここまで読んでくださり、少しでも共感できると感じて頂けた場合は、応援・賛同・参加をして頂けると幸いです。

日本に小さくても多くの幸せを届けていく。それが私達の使命だと思っています。

 

特定非営利活動法人ARO スタッフ一同

 

支援して下さり、ありがとうございます。

f-shien-1f-shien-2 f-shien-3